村井知事 堤防予定地を視察【2012年8月23日『三陸新報』】

2012-08-23

2012年8月23日付『三陸新報』は、21日に村井嘉浩知事が気仙沼市の海岸堤防建設予定地を視察した様子を伝えています。

視察したのは気仙沼市魚町をはじめ、唐桑町の西舞根、鮪立、小鯖。

視察各地で住民から「堤防があると安心してしまって逃げ遅れる」「財産への被害は覚悟し、逃げることを徹底すればいい」と堤防建設に異論が出た際、知事は「たまたま沿岸を訪れた内陸の人も津波の犠牲になっている」「復興交付金は数年でなくなる。あとから『やっぱりほしい』と言われても造るのは難しい」と繰り返し説明。堤防整備に理解を求め、「皆さんの意見を聞きながら、最終的には私の責任で決断する」と語った旨述べられています。

【記事詳細】
2012年8月23日付『三陸新報』1面

Copyright (C) 2009-2014 mori-umi, All Right Reserved.