堤防高下げ3.8mに【2013年11月13日付『三陸新報』】

2013-11-14

2013年11月13日付『三陸新報』は1面で、気仙沼市の内湾地区復興まちづくり協議会が防潮堤案に関するワーキングを開催したとしてその内容を掲載しています。同協議会は、堤防高を3.8mに引き下げるため、県が提示した複数案から県が提示した複数案から湾口防波堤を選択するとともに、余分高分はフラップゲートの採用を要望する方向性を確認したとしています。

【記事詳細】
『三陸新報』2013年11月13日付1面『堤防高下げ3.mに』
関連記事:『三陸新報』2013年10月30日付2面『防潮堤高3パターン示す』

Copyright (C) 2009-2014 mori-umi, All Right Reserved.