変更の考えない 鮪立漁港防潮堤【2013年12月10日付『三陸新報』】

2013-12-12

2013年12月10日付『三陸新報』1面は、気仙沼市唐桑町鮪立地区の住民が9.9mの防潮堤は高すぎるとして5m案を県に要望していたのに対し、県としては高さを変更する考えがないことを伝えてきたと報じています。鮪立地区は、住民の7割にあたる441名の署名を添えて今月2日に要望書を提出。これに対して宮城県の回答は「個別の要望には応じられない」としてこれまでと同じ説明を繰り返しており、鮪立自治会の鈴木好典会長は「鮪立の実情を考慮した回答を求めていたのに、全く誠意が感じられない」と述べている旨記事が掲載されています。

【記事詳細】
2013年12月10日付『三陸新報』1面 変更の考えない 鮪立漁港防潮堤高 県が住民要望に回答

Copyright (C) 2009-2014 mori-umi, All Right Reserved.